ユーザ用ツール

サイト用ツール


世界観:コトナリ

■コトナリ(ことなり)

コトナリとは ”事成り・言成り・異なり” の意味を持つ
妖怪や怪異など、すべての幻想の実現を指す言葉である。


発祥はAF以降だが、この世界に起き始めた様々な異変を、各地の人間が、
諸々の言葉で指し示した結果、昔の言葉の伝わり方のように全国をめぐり、定着した。

そのため、同じ音を持ちながら、様々な意味を内包している。

コトナリには大まかに「実体」「現象」の2つに大別され、
そのどちらもが、基本的に人間の願いか、エゴによって発生している。
このため、コトナリの影響でにより陽気・陰気の場所が生じている。

なお願いには、必ずカウンター(対の願い)が発生するため、
少人数では大した願いは叶わない。


«EPISODE»
 誰かが「え、お前知らねーの?豆腐の角で人が死ぬんだぜ?」って言って。
 相手も「マジで!?」ってなったら、当人たちの間では、豆腐の角で殺せるようになる。


■実体のコトナリ

 

『モンスター』

  主に、コトナリとして呼ばれる事は、コチラのほうが多い。
  妖怪や悪魔、精霊など、かつて幻想上でしか語られなかった存在を指す。
  AF以降は実体として存在しており、中心に高エネルギー体の核をもつ事と
  多くがヒトに有害であるため、これを狩るハンターが職業として成立している。

 

『バグアイテム』

  コトナリによって、元のセッティングデータが著しく変化し、パワーアップ、
  または、「意味の変換」が起きている道具や物質を指す。
  瘴気、光気いずれかによって侵された道具であり、すべての物質が侵される。
  元の性質が異常に強化される事が多く、一般には扱う事が難しいことが多い。

  この影響下で、ほしくず堂のアイテムは「本来の性能を発揮」する

 

■現象のコトナリ

 

『現象・魔法・esp』

  人の「願い」を叶えるコトナリの力を応用し、局地的な現象を起こすための技術。
  AF以降、多くの魔法・ESPと呼ばれる力が開発されているが、
  高度な精神制御を必要とするため相応の訓練期間や、補助道具などを必要とする。 

  それでも、AF前よりも格段に楽になっており、ほぼ全人類が魔法やESPなどの、
  かつて超常現象と呼ばれた能力を、技術として扱う素養を保つ。
  あとは、単純に「運動能力や絵心」があるかないか、くらいの差である。

  なお、AF以前から行使していた人間は、もれなく災厄後に能力(効率)が向上している。
  属性は「火・水・風・地」が大原則であり、複合することで他の属性となる。
  全混ぜすると、光か闇となる。 コトナリの陰・陽はプラスとマイナスなので、そもそも概念が違う。

 

『環境・コロニー』

  エリアや環境、状況に関して影響する大規模なコトナリ。
  ”エイプリルフール”等もこれに含まれ、同じ思いの大人数が集まることで、おおよそ発生する。
  同じ特性、趣向、思想をもった人間が集まるところをコロニーとよび、一時的に安定する。

世界観/コトナリ.txt · 最終更新: 2020/05/11 21:44 by raywell