ユーザ用ツール

サイト用ツール


世界観:エイプリルフール

■【エイプリルフール(大災厄)

2020.04.01に起きた、世界規模の同時多発事件の総称。 通称:AFまたは、大災厄。


この災厄により、地球の総人口は3分の1にまで減少したと言われるが、 同時に文明も崩壊したため、通信インフラはもちろん、測定方法もままならない現状では 確実な数値を測ることができず、コトナリ(後述)の存在が正常な状況把握を阻んでいる。

実態は「すべての人間の ”願い” が叶う」現象。

それは、良い願いも悪い願いも、別け隔てなく叶えられた事により 願いは拮抗したものの、無数のコンフリクト(競合)を起こし、 ”ハミ出した奇跡が、世界を喰らったものだ”とされている。


<<AF以降>>

「願いを叶える仕組み」は、以後も世界に留まり、
その結果、人々の幻想は時折、現象として発現することとなる。

世界は3.5次元化し、世界を正しく見据えられるモノ
または、それに庇護・捕食されるモノのみが、生存者として崩壊した世界に遺された。


<<その他の要素>>

・ライフラインやインフラは崩壊しており、各地区ごとに環境品質のムラがある。
・道路などの交通網も壊滅しており、直すための機械もない。
・代わりに、コトナリと共生・協力・使用することで代替している。

・「願い(コトナリ)」の仕組みは一般には広がっていない。
・一部の人間は気づき、裏ビジネスも始めっている。
・願いを作動させるアイテムが若者に横行。
・真実を見抜いたものは、願いを操れる。(魔法と呼称される

・AFが起きたとしても「元のスペックのまま」であり、超人にはならない。
・思考力のない人間には、世界の異変には気づけない。(幻想特区へ)
・異変に気づけても、心の弱いモノは狂ってしまう。
・地に足のついているリアリストほど、生存率が高い。

・人口が多い場所ほど、異変が大きい。
・田舎の方は異界化を知らない事が多い。
・異変は「コトナリ」という俗称で呼ばれる。

・政府が機能不全に陥ったため、大手企業群と合併しメガコーポ「メガホンポ」を設立。
・全国各地で、統制と衣食住の提供を行っているが、芳しくはない。
・基本は、それまでに有志にて各地に設立された団体が、自前でよろしくやっている。
・ライバル会社に、外資系・オーガニック思考の「グローバルクローバー」がある。
・どちらも真っ黒のブラック企業だが、このご時世に、ブラックもクソもない

世界観/エイプリルフール.txt · 最終更新: 2020/12/07 00:32 by raywell