「シンボリック・セル」


 
 
「シンボリック・セル」
 
 
象徴化(Symbolisation)とは、
見立てによって物事を記号に置き換える技法であり。

星くずの世界においては、西暦時代の第二世代魔法における
根幹技術として確立された。

元々は、カードや石版などの媒体に刻むことで、
記録・量産を目的とするものであったが

三次元的な物質を記号として使うことで、情報量は飛躍的に増加し、
その結果、高次に象徴化した封入物を「CELL」と呼称するようになった。 


 
 
■sym.Cell:星くずの魔法使い

童話のヌシである、伝説の魔物を象徴したセル。

このセルに使われた赤青緑黄は、それぞれ
火水風地を表し、全ての属性を備えています。

全ての魔法を修め、星として振るうその姿が
枯れない花によって記号とした魔法具です。
 
 
 

 
 
■sym.Cell:四大属性 [elementaly]

万物を構成する、四大属性を象徴したセル。

それぞれ、火・水・風・地を表し
各現象の特徴が立体化されています。

火であれば。 燃え盛る炎と、その火種。
風であれば。 柔らかく巻く風と、そよぐ緑。
水であれば。 流れ落ちる水滴と、その飛沫。
地であれば。 絶壁に咲く花と、枯れた茸。

このように、花を巧みに使って
自然現象を再現した魔法具になっております。

 


 
■「sym.Cell通販ページ」
http://hosikuzudo.com/shop/products/detail/47