【星くず旅行記】 レイくんの夏休み! | ほしくず堂 | 工房ブログ

【星くず旅行記】 レイくんの夏休み!

IMG_5779 U21 W2323
 
 
レイくんの夏休み! in 富士山麓
 
 
毎年の夏には、ほしくず堂のスタッフの慰安旅行として、どこかに出かけてます。
そして今回は、なんと富士・五大湖のコテージにてキャンプ!! ٩(๑òωó๑)۶

過去最大の豪勢さにウキウキしながら、現地についてみると、
まるで、いつのまにか星くずの世界に戻ったかのような別世界でした。

今回は、その世界観溢れる写真の数々をご紹介します ฅ(*°ω°*ฅ)*
 
 

IMG_5537 CY182 L1212
IMG_5541 DA184 M1313

 
 
■森のコーヒー
まずは予告していた、コテージサイドでの一杯。
森の香りの中、お手製の道具でドリップしたコーヒーは美味しかった!
 
そう、今回
 
  
「湖畔のコテージのベランダで、朝霞の中、キャンプコーヒーをドリップしたい!!」
 
 
と、魔王さまが思い立って。
 
アルコールバーナーと五徳を、手作りしてきました!!
「なんだって作るさ、魔法使いだからな!(艸∀`」 by魔王さま 

ドリッパーも折りたたみ式を用意、鍋もコップも、OKです。
そして水は富士の湧き水! 

めちゃくちゃ美味しいコーヒーで、森の朝を堪能しました ٩(๑òωó๑)۶
   
 
IMG_6188 DG85-2 BA2726

IMG_6229 DO93 BB2827
 
 
■山中湖 湖畔
対して、森の反対側はレイクサイド。
どこまでも澄んだ水は、とっても冷たくて気持ちよかったよ ฅ(*°ω°*ฅ)*

ちなみに、左下ではしゃいでる四人組はスタッフさんです。
レイくんは遠くから撮影してたので、おいてけぼり。

結構な水深があるはずなのに、透き通ってます、しかも冷たい!キレイ!!
浸かってるだけで、星くずが浄化されていきそうな水です。
 
 
IMG_5771 S19 V2222
 
 
■古のポンプ
これホントにそういう名称なんです。
まるでRPGのフィールドのような光景! あ、杖拾いました(本当)

拾った杖は、後日、魔法具として魔法の杖にします。
そして、これまた、出てくる水が真っ透明なんです。

まるで、スチームパンクの時代を過ぎた先の、のどかな世界のよう。
 
 

IMG_5746 P16 U2121
IMG_5787 V22 X2424

 
 
■せせらぎシリーズ
レイくんは綺麗な水の近くにいると元気になります、元は水属性なんです。
でも「見惚れる水」っていうのは久々なので、凄くうれしかった。

どんなに深くても底が見える、スゴイ。
 
 
————
 
 
IMG_5138 Y130[k2A] A02 A03
 
 
■この写真は壁紙サイズも用意しています [ダウンロード]
 
 
お次は森の中へ。
自由行動の時間を使って、気ままに木々の中を散策しました。

適度な湿度、森の中も何故か涼しいです、寒いくらい。
土の香りが微かに香る中、光は乏しいですが、それが落ち着きます。
 
 
レイくんが一番得意とするのは、こういう写真・こういう雰囲気。
 
優しい暗闇の中に浮かぶ、仄かな光をどうぞ ╰(*´︶`*)╯
 
 

IMG_5227 BP147 G077
IMG_5184 BF137 E055
IMG_5240 BT151 I099
IMG_5237 BS150 H088

IMG_5190 BH139 F066

IMG_5257 BW154[k2A]
IMG_5246 BV153 J1010

 
 
————
 
 
真面目な写真が続いたので、打って変わって面白いモノ!!
こういうのを撮るのも大好きですฅ(*°ω°*ฅ)*
 
 
IMG_5153 BA132 C033
 
 
■ダンデの花
魔王さまの花、たんぽぽです。
暗がりの中で、たった一つの光を目指して。

でも、それは、すべてが終わってから。
「自らが放っていた輝き」を追いかけていた事に、気づいたのです。
 
 

IMG_4991 P121[k2A]
IMG_5967 CB54 Z2625

 
 
■夏の青 [壁紙サイズ・ダウンロード]
青空に、青い瓶、行き交う人々。
夏って、なんでこんなに青づくしなんでしょうね。

あっついのに、この青のおかげで涼やかでいられます。

■和製モーゼ
コレ、実は両端が深いんです。
このオジサンが歩いてるトコだけ、浅瀬になってるんです。
湖面を歩いてるみたいで凄かった…
 
 
————
 
 
IMG_5728 I09[k2A]

IMG_6239 DQ95 BC29
IMG_5637 DF189 P1616

 
 
■商品撮影No.1 (CintiqCompanionケース) [壁紙サイズ・ダウンロード]
コテージでのお仕事風景…… といっても、写真を編集してるだけなんだけどね。
ただ雰囲気がすごい、いくらでもアイディアが湧いてきます!!

ゆったりお酒飲みながら、ベランダでの作業。 ここに住みたい。
 
 
■商品撮影No.2 (現代の魔法書)
ふと、作画スタッフさんが浜辺に置いてたスマホ。

「この構図、商品写真ぽくない!?」って言ってもんだから、撮ってみたら。
ああ、コレすごい使える。 でも、コレ、非売品なんだよー!
 
 
■商品撮影No.3 (カクテル・星くずの魔法使い)
商品写真シリーズ第三弾。
というのもこのカクテル、色が濃いせいで状況を選ぶんです。

今回丁度良いロケーションだったので、撮影しました。
 
  
————
 
 
ラストは、レイくんにも予想外だった出来事。
星くずの魔法使いらしい、ステキなパプニング。
 
ふと、ベランダを出て上を見上げると、
木々の隙間からみえたのは――
 
 
零れ落ちそうな 満天の 星空でした
 
 
IMG_5687 C03[k2A]

IMG_5690 D04[k2A]

IMG_5693 E05 S1919
 
 
*この写真は壁紙サイズも用意しています [1枚目] [2枚目]
 
 
東京のそれとは、そして神戸の山奥でも見たことのなかった。
本当に溢れそうなほどの、星くずの海。

スタッフ全員を急いで呼び出し、みんなで湖の際まで。
驚きの声を上げながら、みんなで乾杯、星くずを味わいました。
 
  
更に。
 
何度も何度も、流れ星が走るんですよ。

 
 
別にそういう時期じゃないのに。
スタッフの一人が星好きなので、はしゃいでました。
 
 
ひっそりレイくんは。 ねがいごと。
 
「またみんなでこれますように」
 
 
レイくん、星くずの魔法使いなのにね。
オハナシの向こうで、自分はこういうものを背負ってたんだなあ、って

ちょっと、不思議な気持ちになった旅でした。 ฅ(*°ω°*ฅ)*